読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺ノート ~by モリちゃん~

モリちゃんが書いたブログ 好きなことを好きな時に書いてます

行動しようとしてる人に否定的な意見が多い理由と 肯定してくれる人を大切にするべき理由

f:id:enjoy-natulife:20160425120605j:image

あなたには自分が何か思いついたり

やろうと決めたりした時に
肯定してくれる相手はいますか?
 
日本人は特に保守的な部分が多く
何か新しい事を始めようとすると
否定的な意見をする人の方が多いです
 
人それぞれ意見はあるので
否定も含めて参考にするべきですが
その中でも自分の意見を肯定してくれる人っていますか?

 

自分を肯定してくれる人が一番大切 

 

特にあなたの性格や才能をよくわかっていて
その上で肯定してくれる人は非常に大事です
あくまで親身になって意見を聞いてくれる人という前提で
 
相談相手って誰でも少人数だと思うんです
そして相談するときって答えを求めてる時よりも
背中を押してほしい そう思っていることが多いです
実際相談しているのに否定されるとムキになる人も多いですよね
自分の中ではある程度答えが決まっているからこそ
相手に方向性を否定されるとついつい感情的になってしまいます
 
逆にあなたが相談したときに
内容を深く聞いてくれて 理解してくれた上で肯定してくれる人
その人はあなたにとってとても大切な人です
 
なぜかというと
否定よりも肯定することの方リスクがあるからです
 
何か新しいことを始めたい
何か面白いことをしてみたい
そんな相談をされた時のことを考えてみてください
あなたが信頼していてよく話をする人ならなおさらですが
相談を受けた時にいろいろ考えても
やめといたほうがいいよ 今のままでいいんじゃない
って言う方が無難だと思いませんか?
 
それが可能性があることだとしても
現状を維持させる方が絶対無難です
だから否定する人の方が多いのです
 
逆に肯定する時の事を考えてみてください
ある程度信頼のある関係だと
その考えいいんじゃない それならやるべきだよ!
って事でも 肯定する時に
少なからず相手のリスクを考えるはずです
それは相手のことが心配だから
 
そしてそれを踏まえたうえで肯定していくと思います
ある程度信頼関係がある状態で
自分の意見に対して肯定してくれる人は
そこまであなたの事を考えています
 
少なからず自分が肯定することで
あなたが動き出すかもしれない
その事は理解したうえで肯定してくれています
だからこそ
そこまで自分に親身になってくれるからこそ
肯定してくれる人というのは
かならず大事にするべきです
 
俺自身もその人の生き方に憧れていて
俺の話を自分の意見を交えながら肯定してくれる人がいます。
 
その人はいつも髪の毛を切ってもらっている美容師さんです
 
話もしやすくて 趣味のDIYも同じという事もあり
プライベートでもたまに飲みに行ったりしています
 
その人との会話の内容は毎回広い範囲で話をするのですが
大抵初めは近況を報告しあって
いま興味のある事をお互いに話している
 
そして何かやってみたいとか
いま何をやってるって話は特によく話す
 
その時点で俺はその美容師さんにはかなり心を許してる
 
もともとそこまで自分の悩みややりたい事を他人に話す方じゃないので
ここまで話せる相手は俺にとっては宝物みたいな存在
 
なんでここまでお互い話せるのかというと
相手の性格をある程度理解していて
選択肢を与えつつも
相手を否定することはあまりないからかもしれない
 
だから話していて安心する気持ちがあり
自然と自分から話してしまう
 
それ以前にその相手は大きな成功も大きな失敗も経験していて
自分よりもたくさんの知識を持っているからかもしれない
 
そして相手も俺になんでも話してくれる
 
俺は何か悩んでいることや
やってみたいことがあると
その人に相談しに行く
 
『今 これにすごく興味があってやってみたいんだ』
 
そういうとまず始めに必ずと言っていいほど肯定してくれる
 
『それ面白いね〜!絶対やった方がいいよ』
その言葉を求めに行っているのかもしれない
 
そしてそのあとに
『モリちゃんはこんな性格だからこうすれば上手くいくんじゃないかな』と
いまの現状を判断しながら的確にアドバイスをくれる
 
相談している段階で俺が求めているのは背中を押してもらいたいって思っている
そして彼は常にそのスタンスで話をしてくれる
飲みに行ってもお互い前向きな話し合いばかりになるから、
自然と飲んだ後は前向きになっている、
 
前向きになれる環境を作ってくれる人を求めてるからこそお互いに悩みや野望を素直に語れる
 
なぜ反対意見のがおおいのか
 
人は前に進もうとしている時に何か発信すると否定や肯定意見が出てくる
否定意見の方が圧倒的に多い事が大半だけど否定的な意見の中にも学べる事はある
 
ただ前を向いている状況で背中を押してくれる人がいるなら相談相手はその人にするべき
 
その人はあなたの事を誰よりも理解していて
あなたに合った方法をアドバイスしてくれる
 
あなたが前を向いて行動するために
肯定してくれる人はなくてはならない存在
 
俺は何で肯定されるとここまで自分の事をさらけ出せるのか考えてみた
もともと自分のプライベートの話はあまり周りにしないのに
こういった人には話せる
しかも自分から話してしまう
 
人はきっと何処かで自分を認めて欲しい
自分を理解してくれて背中を押して欲しい
そんな寂しがりやな部分や頼りたい気持ちを持っているんだと思う
 
だから否定されそうな環境ではあえて自分の事をさらけ出す気にはならない
 
ここまで俺が心を開けたのは彼が俺をよく理解してくれて俺を分かった上で肯定してくれる
それを俺も分かっているから
賛成してくれる前提で相談するのはズルいのかもしれないけど
肯定した上でこうした方がいいと言ってくれる意見はとても自分の為になる
 
そして頭から全否定されるよりも俺自身も納得しながら話を聞く事ができる
 
自分が人の話を聞く時も同じだよね
相手をまず受け入れてあげる
その優しさがないと
最初から全否定してたら相手も話す気が無くなって自分の事を話したがらない
 
それがお互いに前向きな仲だと
まずは相手の話を聞いて
できる理由から探していく
 
このできる理由からってのが大事
普通はリスクが先に頭に入ってくる
リスクなんて本人だってわかってる
わかってる事を指摘されても心に響かない
 
それに新しい選択にノーリスクなんてあり得ない
だからこそ不安を感じて相談に来る
そこで求めているのは肯定してくれる言葉
肯定した上でのアドバイスは自分の事を理解してもらっている証拠
 
リスクを説明するのも大事だけど
まずは相手の気持ちを後押ししてあげる余裕が必要
 
やる方向に向いている相手に対して
一番ためになるのは
やらない方向に行かせる事じゃなくて
どうやったら上手くいくかたくさんのアドバイスをあげる事
 
そして前を向いている人を安心させられるような
前向きな意見をできるだけ出してあげる
行動しようとしてる人を
できる限りサポートしてあげられる言葉こそ
相手が求めていて 相手に信用してもらえる
 
それこそが本当に信頼できる人間関係だからこそ
あなたのそばにあなたの行動しようとしている姿勢に対して
肯定してくれる人がいたら
その人を一番大切に