読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺ノート ~by モリちゃん~

モリちゃんが書いたブログ 好きなことを好きな時に書いてます

最も頼りになるのは 心に余裕のある人

ライフスタイル 仕事

仕事でも遊びでも人付き合いでも

何をするにしても相手を受け入れられる余裕を持った人は背中が大きく見える

そんな人にあこがれを持っていて少しでもそうなりたいと思っているモリちゃんです

 

 

f:id:enjoy-natulife:20160402041324j:plain

何かを行動するときに少しだけ余裕を持っている人

それは人のミスや相談など相手の事を受け入れられる余裕を持っている

そんな人は人に尊敬され頼られる存在になれる

そのことをあなたは知っていますか?

 

余裕がある人とない人の決定的な違い

 

例えば誰かがミスをしたりやることが増えたりしたときに

余裕がない人の場合はそこに対応することができない

たとえ対応できたとしても

自分のやることは確実に終わらないし相手に対しても当たりがきつくなる

それは自分自身が計画に余裕がないから

そして誰かを頼った時にそんな態度を取られたら当然相手も次は頼みにくくなる

 

余裕がある人の場合は相手のミスをカバーしつつ自分のやることもこなせる

相手の話を聞きしっかりと対応することができる

結果的に相手は次もその人の事を頼りにするので

だんだん相手の事を信用して尊敬してくる

 

この差はかなり大きい

 

その小さな蓄積が自分自身の気持ちを大きくしてゆとりを持って行動できるようになり

相手からの信頼を築き上げていく

一回や二回で信頼なんて得られるものではなく

常に日々の小さな蓄積の中で相手にとっての自分のイメージが決まっていき

結果的にあの人なら任せられる

あの人なら受け入れてくれる

あの人になら相談に乗ってもらえるかな

そう感じてもらえる自分が出来てくる。

 

 

頼りになると思われてても崩れるときは一瞬

そんな誰からも信頼されてあの人は頼りになるなと思われてる人でも意外にもそのイメージが崩れるのは早いんです

俺も実際にそういう人を見てきました

入社当初からあの人は本当に頼りになって

困った時にも笑顔で余裕を持って対応していて大きい人間だなって同期の誰もが感じていました

 

それは誰に聞いても同じ答えで本当にすごい人だなとそう思っていた矢先にその上司が部署移動することに

かなり忙しい部署で仕事も人数に対して多すぎると誰もが思っていた部署でした。

 

そんな部署に移されるのはちょっとかわいそうだなと思いつつもあの人なら任せられるとそういう期待からの部署移動だろうから今までのようにしっかりと仕事をこなすんだろうなって

 

最初は予想通り仕事もスムーズに行き他の部署とのやりとりも今まで以上にやりやすくなり会社が今までよりも効率よく雰囲気よく回っていたので周りもやっぱりあの人があの部署に移動してよかったねってそう思っていました

 

しかし仕事量が日々増えていきその上司自身も余裕がなくなってきた頃

今までの寛大なイメージとは逆転して

周りの部署へのあたりがキツくなってきて仕事も途中で他の部署に投げるようなスタイルになってしまいその上司の周りからのイメージは一気に今までとは違うものになってしまいました

 

あの人怖いよね

あの人に仕事頼むと雑だよね

あの人には相談したくないなって

本当に人って怖いなと感じた瞬間でした

仕事の影響とはいえ今まであれだけ信用されてた人の評価が真逆のものになってしまうんですから

周りの反応に対しても納得がいかなかったのも事実

今まであんなにお世話になったのにあんな言い方するなんて…と

でも実際にこれが現実

その時に改めて感じました

 

自分自身の行動には常に少しの余裕を持って

相手を思いやれる隙間を空けておかないといけないんだなと

人の印象なんて一瞬で変わることがあるんだなって

じゃあいつでも余裕を持たないとって思うけどそううまくはいかない

 

 

常に余裕を持ちたいと思ってても余裕がない時って誰だってありますよね

でも余裕がない時こそ普段の行動が出るんです

辛い時や余裕がない時って一緒に何かやってる人も当然同じ

相談してくる人や仕事を頼んでくる人もそう

余裕がないから自分に頼ってくる

 

だから自分だけじゃなくて相手も大変だってことを理解しつつも

普段から余裕のある行動をしていればキツイ時こそ相手の気持ちに立って

相手が焦りすぎないように少しでも余裕を持てるように

ほんの一瞬笑顔で受け応えをすることが出来るんじゃないかなって

 

 

俺は自分が余裕がない時や困って助けを求めた時に相手が笑顔で受け応えしてくれると安心する

そんな人を見るたびにあぁ俺もこんな大きい人間になれたらなって感じています

普段から意識して気をつけてればきっと自分も誰かが困っている時に自分に余裕がなくても相手を安心させることが出来る

自分で肌で感じて嬉しかったことだからこそ

そうなれるようにこれからも人と付き合っていきたい

そして日々ほんの少しづつでも成長できるように常に考えていきたい

今この瞬間も自分が成長するチャンスなんだから