Child

子供向け知育絵本 マップスMAPS 小学生向け

投稿日:

今日は小学生に是非読ませてほしい地図の絵本の紹介をします

 

地図絵本 マップスMAPS

MAPSはポーランドで2012年に発売された地図絵本です

子供向けとはいえ非常に読みやすくわかりやすくて

大人が見ても楽しめるほどのボリュームのある内容になっています

 

日本では2014年9月に発売されました

今や全米で大人気の地図絵本

世界中で150万部以上売れています

この本を書いた夫妻は3年もかけて

世界の国々を調べ上げてこの絵本を製作したそうです

 f:id:enjoy-natulife:20160530170023p:image

 

 

MAPSとの出会い

娘が小学校に入るころ

世界地図をなんとなく覚えていってほしいなと

地球儀を探していたんです

 

どこの家にも昔は地球儀ってありましたよね

 

探しながらずっと気になってはいたんですが

子供って地球儀そこまで見ないじゃないですか

俺も自分の部屋には常に地球儀があったものの

そこまで見ることは無かったので

覚えてほしいけど必要なのかなぁって思っていました

 

少なくとも俺の中ではクルクル回すおもちゃでしかなかった・・・

 

そんな時に出会ったのがこのMAPSという絵本でした

子供が見ても楽しくみられるように

たくさんのイラストで42か国の情報を見やすくまとめてあります

正直世界地図の勉強としては掲載国が少ないです

ですが個人的には勉強は子供が自分から進んで吸収していく環境を親が作ってあげるものだと感じています

気になった時に気軽に手に取れるこの本は正に自発的な勉強の助けになってくれました。 

MAPSに対する娘の反応

小学校に入るころなので

まだ地図なんて全く分からない娘

正直初めはもっと大きくなってから興味を持ってくれればと思って購入しました

 

商品が到着して娘に見せてみると

可愛いタッチのイラストに夢中になった様子

最初は国がどうとかそんなのは一切関係なく

とにかく絵をたくさん見ていました

 

その中で興味があるイラストに対して親に質問して

答える時に世界地図のページも見せながら

日本からこんなに離れている国なんだよ~と話をしていました

家族のコミニュケーションのきっかけとしてもいい本です

もちろんこの頃は日本すらよくわかってない状況でしたが

 

ちなみにすべての文字にふりがなが書いてあります

 

MAPSのいい所

この絵本のいい所は

1度読んだだけで飽きるような本ではなく

 

地図絵本と書いてあるだけあって

興味を持ったところを調べて

楽しく知識を得られる所ですね

人口 首都 文化 食べ物など

各国の特徴が非常に分かりやすく載っています

 

 

今はリビングの本棚に常に置いてあります

 

アニメやテレビなどを見ていると

いろんな国が出てきて

その国に対して子供は興味が出るんですよね

そんな時にパッと開いてその国の事を調べてるんです

 

大人が辞書を見たりパソコンで調べたりするような感覚で

子供が自分から手に取ってみてくれるので

難しい本よりも気軽に手に取れるMAPSの方が

子育てには向いているのかなと感じています

 

 

 

以下アマゾンのレビューより

5つ星のうち 5.0
知っていることを確かめ 知らないことを学ぶ 素敵な教養本 投稿者 INAVI トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/4/26

 

教養を意味する英語のcultureの語源はcultivateで、耕すという意味。つまり、教養は、コピペでは身につかず、自ら調べて学ぶ必要があるということ。
本書は、その意味を久々に体感させてくれる。単なる世界の情報なら、電子辞書でもwikiでも本書より情報が多いものはいくらでもある。しかし、その国にある人、生き物、料理、文化、産業などが絵本の形で各国ジャスト2頁(A3サイズ!)で示されている本書は、子供に限らず、大人でもキチンと知らないことをいっぱい見せてくれる優れもの。

日本の頁で、本書がどの程度にリアルかリアルでないかを見てみると・・・典型的な名前はアキラとミサキ、歴史上の人物代表は紫式部で、そのそばには現代人代表で”女子高生”が並んでいて、四方の海にはマグロやサバとともにエチゼンクラゲ、相撲や剣道と一緒に野球が人気とされる。他方で、しっかり忍者はいるし、日本人の目は他のアジア人と同じく細長い一本線で、ノリは「海藻を干す」と注記される。
おそらく、他の国々も、日本と同様のリアルと少し違うことが混在しているのだろう。訪れた国の知っていることを確かめるのもいいが、全く知らない国の色々なことを調べていくことが本書の本来の楽しみ方だろう。

 

5つ星のうち 5.0
楽しい!! 投稿者 此花 投稿日 2015/2/3

 

世界地図や国旗が気になる子供たちに、と言う名目で私が欲しくて買いました。
大きい本です。
で、古い地図っぽい紙の印刷がしてあり、古くなって剥がれたセロテープの跡もあります。
全ての国が載っているわけではなく、日本はあるけど韓国、インドネシアなど日本に馴染みのある国がなかったり。
ポーランドの人が作っているので、世界地図の中心はヨーロッパですし、日本が載ってるページも56頁、日本の名所も寺ばっかりなイメージ。世界から見た日本はこんな感じなんだろうな、と思います。

見てるだけで楽しくて、世界史やら地理の授業は面白くなかったですが、この地図は面白い。
もちろん現地に行かないとわからないもの、ことだらけだと思いますが、日本以外を知る基本として、世界はどんなところなのか知る第一歩としてとても良い本だと思います。

値段は3200円+税です。
今回載っていない国で第2弾も出て欲しいなーと思います。

5つ星のうち 5.0

表記が正確。画がしっかり。 僕に、幼稚園の子供が居たら、是非プレゼントしたい。 投稿者 Gori トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/2/7
Amazonで購入
表記が正確で画がしっかりしている。
本当によく調べて書いてある。
ポーランド人の著者夫妻に感服である。

表記が正確に関しては、日本の項目で点検するしかないが、
たとえば「芸者」は、描いておらず「舞妓」なのが、その証拠である。

こういう仕事は、孫引きではできない。
英語の本から取ったとしても、きちんと裏を取っているのである。

僕に、幼稚園の子供が居たら、是非プレゼントしたい。

 

5つ星のうち 5.0

地図好きの・・・ 投稿者 Dora 投稿日 2016/2/18
Amazonで購入
大人の私もほしくなる本です。
小学校2年生の友達のお子さんと4年生の姪にプレゼントしました。
喜んでくれたようで満足です。 

 

マップス: 新・世界図絵 (児童書) | アレクサンドラ ミジェリンスカ, ダニエル ミジェリンスキ, Aleksandra Mizieli´nska, Daniel Mizieli´nski, 徳間書店児童書編集部 | 本-通販 | Amazon.co.jpより引用

 

 

 

-Child

Copyright© 俺ノート , 2017 AllRights Reserved.