読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺ノート ~by モリちゃん~

モリちゃんが書いたブログ 好きなことを好きな時に書いてます

ディアウォールで壁に穴を開けずに簡単DIY

DIY

賃貸などで壁にビスを打てない場合に簡易的な柱を設置してDIYができるディアウォールと言う商品を知っていますか?

ディアウォールを使えば今まで釘を打てなかった場所に柱を立てて釘を打つ事ができます
 
賃貸でも後から柱を外せるので全く問題ないんです
 
ディアウォールは
ホームセンターに売っている2×4材の上下に設置して
バネの力を利用して木材を固定する道具です
 
床と壁の間に柱を立たせて
そこに棚や収納を設置できるようなります
 
床と天井つっぱる形で柱を設置するので見た目以上にしっかりしています
ただしビスを打ち込んでいるわけではないので重量のかけすぎには注意してください

 

ディアウォールの取り付け方

まずディアウォールとディアウォール用にカットした2×4材を準備します

2×4材は設置場所の高さよりも40mm短くして下さい

40mmがちょうど良いという意見と強度が足りないという意見もあります

普通に棚をつけたりするような下に対して重心のかかるケースは問題ないです

ただし横に引っ張られたりするような力のかけ方の場合はバネをしっかりと利用するために出来る限り木材は長めに切ってください

 

塗装が必要な場合は先に塗装してから設置していきます

バネが付いている方を天井側にして2×4材を差し込みます

そしてバネが付いてない方を下側にはめ込んだら

上に2×4材を押しながら立てていきます

この時に押し込まずに無理やり奥に押すと床や天井が傷つくので

必ずバネに向かって押し込みながら立てていってください

もし隙間がある場合は紙か何か挟んでグラつきをなくしてください
 
これだけで柱の完成です
思ったよりも簡単じゃないですか?
 
ホームセンターでカットしてもらえば
工具自体一切いらないんです
 
そして外すときも上に上げながら柱を抜くだけ
 
これだけで賃貸でも傷をつけずに柱を立てることが出来るんです
 
棚を付けるだけではなく
ビスうちできない場所においてある家具の上にディアウォールで柱を立てることによって
転倒防止にも使用できます
地震対策に効果がありますね
 
ディアウォールを使えばビス打ちしたくない場所でも
簡単にDIYをすることができます
下地の柱を探す必要がないのも利点ですね
 
今回そんな便利なディアウォールを使ったDIYをまとめてみました
 

ディアウォールDIY実例

 

キッチンカウンター

f:id:enjoy-natulife:20160517021951p:image
 
カウンターと天井の間にディアウォールを使って柱を立てて
その間に棚を付けてディスプレイしています
 
茶色でまとめてある木材にダークブラウンのディアウォールだと締まって見えてオシャレですね
 
f:id:enjoy-natulife:20160517040821p:image
 

こちらもカウンターと天井の間にディアウォールで柱を立てて棚を付けています

オープンなキッチンの前に棚があると邪魔なイメージもあるかもしれませんが
キッチンを見た時に前にある棚に目が行くので
間接的に冷蔵庫などの電化製品が目に入りにくくなる効果がありますね
 f:id:enjoy-natulife:20160519044952p:image
キッチンの吊戸棚の下にディアウォールで収納を作っていますね
背面カウンターなどは特にですが
意外と一番奥までは使用してないことが多いんですよね
そんなスペースを有効利用するのにディアウォールは最適ですね
ステンレスの天板の上にビスを打つのは抵抗がありますからね
 
 

板壁

 
f:id:enjoy-natulife:20160517041553p:image
 
これは上段を板壁にして
下に棚を取り付けてあります
柱が入ると上から下まで好きな位置に棚を付けたり壁を貼ったりできるのがいいですよね
 
f:id:enjoy-natulife:20160517184525p:image
http://roomclip.jp/photo/kOmS
ディアウォールを使って上から下まで板壁を貼っています
 
ディスプレイ用の棚として好きな位置に飾れて見た目も締まって見えますね
 
 
ディアウォールを見せない方法
 
こういった板壁を貼る時にディアウォールが見えるのが嫌だという方もいるのではないでしょうか
 
そんな方はディアウォール用にカットした2×4材の他に天井までの長さの2×4材を用意して下さい
 
その2×4材にディアウォールが当たる部分に溝
を切って
ディアウォールで立てた柱の前面にもう一本柱を付ければ天井までの柱ができるので
板壁を床から天井まで貼る事ができます
 
ただ柱が2本になるのでその分前に壁が出てくるというデメリットもあります
 
f:id:enjoy-natulife:20160621124353p:image
 
ディアウォールで上段の棚と床の間に柱を立てていた壁を貼っています
見た目がガラッと変わってディスプレイにも最適ですね
上の棚の落下防止にもなります
 

収納

f:id:enjoy-natulife:20160518123213p:image http://roomclip.jp/photo/Zuv8

これだけ大量の本が収納されているのはすごいですね

もう一本柱を立てた方がいい気もしますが…

棚の真ん中がしなっているようにも見えますね

 

2×4材とディアウォールで本のはみ出し部分がこれだけなら

どこにでも気軽に本棚が作れて漫画を大量に持ってる人にはちょうどいいですね

 

 

f:id:enjoy-natulife:20160518124343p:image

http://roomclip.jp/photo/ZA8

小物のディスプレイも

ディアウォールで作った棚なら結構安定度もあってすっきりしますね

もしほこりがかぶるのが嫌だなって人は

棚の前にアクリルなどで扉を付けるとディスプレイしてある物が汚れなくて良さそうですね

 

ちなみに奥行をもっと出したいなってときは

手前にディアウォールで柱を増やせば奥行はいくらでも出せます

普通は柱を立てる場合 床と天井にビスで柱を止めるんですが

天井にも柱が入っている場所と入っていない場所があります

柱がない場所にビスを打つ方法はこちらの記事を見てください

 

www.enjoy-natulife.com

 

この記事を見るとわかると思いますが

石膏ボードのアンカーは天井に使うのは非常に難しいです

柱に直接ビスを打つ場合は斜めに打つことになるので

石膏ボードアンカーに上手く入れられないと思います

L字の金具などで固定することになりますね

 

ですがこのディアウォールなら下地の柱がなくても

柱を付けられるので

自分の好きな位置に柱を立てることができます

 

 

後ろは壁紙でしょうか最近はおしゃれな壁紙も多くて家をトータルでDIYできます

ディアウォールだけじゃなく壁紙も後ではがせるような物も売っているので

以外にも賃貸でもDIY楽しめるんです 

 

小部屋

 

f:id:enjoy-natulife:20160519045816p:image
http://roomclip.jp/photo/ksUy

 

これは面白いですねディアウォールで壁を作って部屋を作っています 

こんな遊び心のあるDIYも自分で作る楽しみの一つですね

 

賃貸だけでなく持ち家でもなかなかビスを打つのは抵抗がある場所ってありますよね

 

そんな悩みに応えてくれるのがこのディアウォールです

 

ここに棚があったらなぁとか

ここに壁立てたいよね

そんな時にはこのディアウォールを使ってみてはいかがですか?

 

DIYの可能性を大きく拡大してくれる画期的なアイテムですよ!

 

ビス打ちできないけど部屋の雰囲気を変えたい

DIYやってみたいけど失敗したら後で外したい

そんな方はこのディアウォールを使ってみてはいかがでしょうか

自分の好きな空間を作ることで

今よりももっと家にいる時間が充実できますよ!

 

リンク先から3種類の色を選べます

ホワイト ブラウン ダークブラウンの3種類です

これからDIYをやってみたいって人はこちらの記事も参考にしてみてください

 

www.enjoy-natulife.com