読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺ノート ~by モリちゃん~

モリちゃんが書いたブログ 好きなことを好きな時に書いてます

ブログって楽しいよね 今後どうなっていくんだろうね

ブログ

なんだかんだでブログ初めて書いた時から10年近く経ってるんだけどブログって改めて結果を出そうとすると難しいなって

 
10年って言っても初めて書いたブログは楽天ブログで何記事か書いて終了
完全に舐めてたんだよねブログの事を
書いたらドーンとアクセスが集まるんだと思ってて

 

このブログを始めたきっかけ

それから何年もブログ書いてなくてふとしたきっかけで去年ブログ書く事になった。
友人と何かやろうって事になって俺にできる事はブログ書くぐらいかなって
そう思ってまずは書いてみた。
 
書くだけならそれなりにかけるんだけど結果がなかなか出なくて色々調べた
そこらへんからだよね
ブログって奥が深くて
成功してる人はごく一部
成功が何なのかって問題もあるけどね
それに気付けたのが大きかった。
 
今は色々あってその活動自体してないんだけど
そこでブログの奥の深さがわかってから
活動が終わった後自分のブログを持った。
 
そういった意味で意味のあった活動だったかなって
 
最初はワードプレスで始めたんだよね
何となくワードプレス最強みたいな記事をよく読んでて
でもね 面倒くさすぎて記事書くのもままならなかった。
時間が取れないのもあったし自由度が高すぎるってのもあって
それで今年元旦にはてなに引っ越してきた。
 
PVとか結果を求めたらなかなか難しいんだけど とにかく今はブログが楽しい。
何かを発信する事が自分の生きがいになっている。
 
人のブログを見るのも楽しいし自分で書くのも楽しい
もちろんたくさんの人に見てほしいって気持ちはあるからブログで結果を出すってのは最終目標にあるんだけどね
 
いろんなブログを見ていると更新が止まっている記事やもうやってないんだなってブログあるけどもったいないなって
 
それは今だから思う。
今まで書いた記事全てが自分の発信した貯金みたいなもので意味のない記事なんてないと思うんだよね。
 
勿論検索で上位表示しないと誰も見ないってのはわかってるんだけどそれだけが全てじゃないし有名なブロガーだって全ての記事が検索上位ってわけじゃないだろうしね。
 
それにこんなに自分の思ったことを発信出来るのってsnsかブログぐらいだと思うから
これからもブログは続けていきたいなって
 
社会に出ても自分の意見を言えなかったり発信できない事は多いよね。
でもブログは違った
自分の思ったことや調べたことを
自分の言葉で自分の思うように表現できる
 
これはこの世界だからこそのメリットなんじゃないかなって。
これからもブログは進化していくと思う
世の中どんどん変わっていく中
ネットが中心になっていってる
 
誰もが分からないことや興味がある事はネットで調べる時代
人に聞くよりもネットのが早い事が多いよね
勿論そうじゃないこともあるんだけど
 
これからもっとそうなっていくんじゃないのかな
 
ブログで結果が出るって事はある意味では自分の意見で人に影響を与える可能性があるって事だから今よりは自由がなくなるのかもしれない。
 
ただ 自由がなくなるって言ってももともとブログ自体が自由度がかなり高いからしょうがないのかなって気もするけどね。
 

人それぞれ表現が違うのは当たり前だよね それがブログだから

人のブログを見た時に共感できる記事や出来ない記事
面白い記事や面白くない記事が当然ある。
でも間違いなんてないと思うし
人それぞれ書きたい事を書いているし俺が求めているのも自分の好きな事だけ探してるからね。
 
でも好きな事が書ける環境がしっかりと用意されてて自分の意見を発信出来る
それがブログであってそのブログっていうもの自体に気付けたっていう事はすごく恵まれてるんじゃないのかなって。
 
実際当たり前のように人のブログ見たり情報収集してても自分で発信するって事自体に壁を感じてできない人やブログが気軽に始められるって知らない人も多いじゃないですか。
 
そしてブログって今は当たり前になっててネット見ると掲示板やホームページよりもすぐ目につく印象だけど以外と歴史は浅いんだよね。
 

自分が思ってるよりも世界は日々変わっている

日本でブログが急速に普及し始めたのが2002年
まだ14年しか経ってないんだね。
 
ネット自体が急速に加速したのもあって変化が物凄いからこれから先はどうなるかわからないけど個人で持てるコンテンツって形は変わるかもしれないけどずっと続いていくんじゃないのかな。
 
話は変わるけど安定って何だろうね
 
多分世間一般的には大手の会社に入って定年まで勤めて退職金と年金暮らしていく
これが世の中の常識のような感覚な気がする。
 
ただ俺自身それが本当に安定なのか安心したいだけで言っているのかハッキリと言い切れない。
 
一般社会に20才出て60才で定年だとすると
40年働く事になると思うんだけど40年もあったら世界は物凄い動きをするよね。
その中で勤めている会社が潰れないかどうかって誰もわからないよね。
 
今から40年前って1976年なんだけど
アップルが設立したのはこの年なんだって
これからも大きくなるだろうし安定してそうだけどね
東急ハンズもこの年にできたもの
そしてその頃第一次オイルショックが起きて高度成長期が終わったみたい
 
そして2008年リーマンショック到来
32年ですごい急速に落ちてるよね
そしてリストラが流行ったり派遣社員中心に雇うようになったり
 
俺の知り合いで会社の工場閉鎖で海外か退職かを選択させられた人もいます。
でもそれはいつどこの会社に起きてもおかしくない話。
 
サラリーマンが安定かって質問されたら俺は
今の所は安定なのかもしれない
そう答えると思います。
正直先の事なんか誰もわからないし人に雇われてるって事は雇い主に従うしかないから毎月給料もらえる代わりになんかあったら雇い主にしか選択肢はありません。
 
ただね この流れから行くと だからブログやってるんでしょ?
って思うと思うけど正直ブログの世界も会社と同じようにいつどうなるかわからない。
というよりこっちの方が動きが早すぎて読めない
じゃあどっちなんだよって感じだけど
俺はね どっちをやっていても覚悟が必要なんじゃないかなって
会社にいてもその会社でしか通用しない事だけやるのか会社が潰れても通用するようにスキルを磨くのか
 
ブログやいろんなコンテンツで生計を立ててる人がいるけど予防線は誰しも少しは張ってるんじゃないかな
会社員も同じで今の会社に依存して全てを託すのか
自分で予防線を張っていつ何が起きても対応できるように備えるか
 
それは自分がどこで何をやっていても同じだよね
自分が思った事はどんどんチャレンジしていく気持ちが大事なんじゃないかな。
 

今自分がある環境の中でできることは挑戦してみる

人それぞれ置かれた環境はさまざま

だけどチャンスは誰にでもあるんだよね

それは仕事でもブログでもなんでもね

 

今自分が置かれている環境でどこまでできるかが常に試されてるんじゃないかな

どこまでできるかってなるとプレッシャーだけど

どこまで楽しめるかが一番大事だと思う

一つの事だけやるのもいいけど予防線は張っておいた方がいいと思うんだよね

社会の流れがいつどうやって変わるかなんて誰にもわからない事なんだから

俺は今ブログが楽しくて毎日スマホを見てもPCを見てもブログの事を考えている

結果が出るかどうかなんてわからないけど

やらないと何も始まらないからね

 

一度きりの人生

どうせなら後悔しない生き方をしたいよね

だから今日も俺はブログを書いてます