OTHER

ついにアンドロイドからiPhone6sに変更!! 

投稿日:

す念願のiPhone6sを購入 使用感や使い方等

アンドロイド購入直後から故障や不具合がかなり多く

2年経ったらiPhoneにしようと思っていたら

1年と10カ月で電源が入らなくなったりブラックアウトが頻発していたので

2年契約を待たずにiPhone6sを購入

慣れないiPhoneをいろいろ触ってみて発見したことや使用感をまとめてみます。

 

便利機能や使い方

ライト

これはiPhoneにして適当に触っていた時に見つけたのですが

かなり重宝しています

災害用にもありがたいですね。

 

画面下から上にスライド(スワイプ)させると上のような画面が出てきます。

左下の懐中電灯マークを押すとライトがつきます。

そのほかにもこの画面にはカメラや電卓等

様々な機能がショートカットで行えるようになっています。

 

スクリーンショット

 

これはホームボタンと本体右側のボタンを同時押しで実行できます。

アンドロイドの時はフリーのアプリでやっていたのですが

こっちのほうが素早く取れて簡単です。

難点は両手を使わないと押しづらい事でしょうか。

この記事にもスクリーンショットで撮った画像はいくつか使っています。

 

アプリを削除したり移動したりして整理する

アンドロイドは何もない状態で始まるので余計に気になったのかもしれませんが

iPhone購入時のアプリって結構多くないですか?

私は購入直後に なんか多いなぁと感じたので

いらないものは削除して消せないものはまとめました。

iPhone6sアプリの整理

アイコンを長押しするとブルブルッとなってアイコンを自由に動かせるようになります。

✖️が付いているのは削除可能なアイコンです。

ついていないものは削除できないので

同じようなものをカテゴリ分けしてまとめましょう。

移動したまま重ねるとまとまります。

sns やゲームなど名前をつけておけばすぐにわかります。

二回タップすることになるので頻繁に使うアプリはまとめない方が楽ですね。

 

文字入力の時にアンドロイドには普通にあった矢印がない

iPhone6s文字入力 矢印がない

これは個人的に致命的な事でした。

iPhoneは画面も小さいために細かい場所をタップするのは困難です

iPhone6plusを使っている人の端末を借りてカーソルを合わせてみると

やはり画面が大きい分タップしやすかったです。

間違えた所や入れ忘れた言葉を追加するときに

必ずと言っていいほど使っていた矢印

これがないのはきついな・・・

そう思いつつも調べてみるとありました

非常に簡単な方法で。。

画面を横にしてみてください・・・

でましたよね。

すごく簡単なことだけど気付きませんでした

隠れていただけできちんと矢印がありますね。

それともう一つ位置をずらすのにいい方法がありました。

1枚目の画像を見てもらうとわかりますが

文字を長押しすると線が出てきます

そのまま挿入したい場所までスライドさせていくと

しっかりといい位置まで動かせます。

この二つの方法でアンドロイドでやっていた矢印も無事解決できました。

 

追記

iPhone6sの特徴の3Dタッチ機能を忘れていました。

文字入力部分を強めに押すとマウスに変わり自由自在にカーソルが動きます。

これはかなり使えますね。

まだまだいろんな機能があるので追記or新規の記事で紹介していきますね。

 

-OTHER

Copyright© 俺ノート , 2017 AllRights Reserved.